吉野工芸の里 施設紹介
産業情報センター パフォーマンス広場 御仏供杉 ふる里工房 鶉 荘 アート&クラフト館
 白山市観光情報センター「工芸の里」
白山麓の巨木樹齢660余年の御仏供(おぼけ)杉がある吉野工芸の里内に、平成26年4月1日木のぬくもりが溢れる白山市観光情報センターがオープンしました。
市内の観光に関する情報を集め、訪れた方に白山市の魅力をお伝えできるようお待ちしています。

営業時間 :平日/9:30〜16:30  土日祝日/9:00〜17:00

TEL : 076-255-5310

定休日 : 年末年始






 パフォーマンス広場
白山麓の自然に継がった野外ギャラリーです。
屋外展示や様々なイベントが開かれています。
芝生の公園をお楽しみ下さい。
写真の炬火台は1991年石川県国体で使用されたものです。この工芸の里を拠点として活躍している松本佐一氏の作品です。
この時、昭和天皇は「縄文の 土器が多登利し炬火台に 火はあかあかと もえさかりけり」と詠んでいらっしゃいます。 
 御仏供杉(おぼけすぎ)国指定天然記念物
日本の名木百選、樹齢約700年の大杉は、日本の誇る名木のひとつです。この名木は杉の木とは思えないほど大きく、何本もの枝を広げている姿は圧巻です。遠くから見ると杉の林と思えるような1本の名木です。
〈御仏供杉の由来〉
遠くから見た姿が、仏飯を盛ったような形からこの名が付けられたと言われています。また、ここ吉野谷に祇蛇寺(ぎだじ)を開いた大智禅師が、この世を去る時に、さかさに地面に挿した杉と言われ「さかさ杉」ともよばれています。

雪の御仏供杉
 ふるさと工房 作品展示・販売コーナー

吉野工芸の里の作家の工房、教室、ギャラリーがあります。2階展示室では常時作品が展示され、どなたでも自由に鑑賞(無料)できます。
また、1階では美術工芸品の販売も行っています。
  

  

 文化交流サロン 鶉荘(うずらそう) 



吉野工芸の里文化交流サロン鶉荘は、誰でも気軽にお使いいただける建物です。
陶芸家松本佐一氏が、江戸中期に富山県利賀(とが)村で建てられた民家を昭和60年に氏の創作活動の拠点として移築し、平成15年まで住まいとしておりました。
この建物は、工芸と白山麓の豊かな自然の中で、訪れた人々が創造・交流する文化ゾーンのひとつとして、質の高い文化情報の収集や発信を行っています。
芸術や自然を通じていろいろな文化にふれたい方や、サークル活動にもご利用できますので、お気軽にご利用下さい。
室 名 時間・期間 使用料
1階和室 午前(10時〜正午) 400円
午後(正午〜17時) 600円
1日(10時〜17時) 1,000円
1週間 5,000円
2階広間 1日(10時〜17時) 2,000円
1週間 10,000円
文化・芸術の世界でのリーダーとも言うべきロックフェラー3世が鶉荘に松本佐一氏を訪れ、午前だけの予定が午後も全ての予定をキャンセルし、鑑賞を続けていました。
出版記念会での松本佐一夫婦と
ロックフェラー3世
現在も交流が続いている
鶉荘でのロックフェラーさん
 アート&クラフト交流館

作家の方々との交流会、体験教室の場としてご利用できます。
お問合せ、ご予約は工芸の里事務局へどうぞ。